月別アーカイブ: 2019年4月

経営 その110 〜 采配。

まずは適材適所の采配を徹底すれば、物事は回り出す。
うまく回らないとしたら、材料不足か勇気不足なだけ。
この2つを不足させずに采配できることが、リーダーの資質。

この意味。
組織の論理が優先した采配が退屈な理由は、
この2つが欠けたことによる、リーダーシップの不在。

昇進や起業や学位程度じゃ身につかないからこそ、
人間を思いっきり観察して、采配を行うんだよね。

..遠藤武

経営 その109 〜 快と不快。

仕事をする上で、自分にとっての快と不快を定義し、
その上で極力不快にならないように、仕組みや流れを作る。
これをやるだけで、身も心も保てる。

この意味。
「仕事とは、我慢してお金になることを遂行することだ」
という視点で終わらせてしまう人が大多数なのは百も承知。

だからこそ、
・やらなくてはいけないことを徹底して知り、外注あるいは自動化する
・その上で、やりたいことや面白いと思えることに集中する
という仕組み作りが尊いのである。

業務システム導入の本質って、
「心地良く仕事をする」というためにあるんだよね。

..遠藤武

経営 その108 〜 知識不足。

知識不足は勿体ない。
特に基本的・初歩的であればあるほど、自前でさっさと学ぶべき。
テクニカルなことは、素直に専門家に聞けば十分。

現実解。
まず、義務教育くらいの知識は用意しておこう。
それをクリアしたら、高校卒業程度の知識を用意してみよう。
ビジネスであれば、大学レベルの前に商業高校の範囲を眺めたって良い。

..遠藤武

経営 その107 〜 言動の裏表。

ちょっとした言動や所作にこそ、人の工夫や知性や本音が見え隠れする。
不自然な裏表があると、分かる人には猿知恵に映ってしまう。
シンプルかつ素直であり続けるには、裏表を作らずにいればいい。

この意味。
凄いと感じた物事には、常識がどうだろうと、素直に驚けばいい。
凄くないと感じた物事には、常識がどうだろうと、素直に驚かずにいればいい。
これはつまるところ、ビヘイビア(立ち居振る舞い)の良さの話だ。

常識を知りつつ、常識を懐疑していると、裏表が自然となくなり、
かえって外の世界の裏表が見えてしまうんだよね。

..遠藤武

経営 その106 〜 進歩。

「あの時、ああすればよかった!」
その感覚を誤魔化さず、速攻で次の仕事で発散する。
進歩は、その思考と試行の繰り返しのサイクルだ。

現実解。
間違いを認識したら、その分だけ次の仕事で上位互換を作ればいい。
違和感を覚えたら、その分だけ次に向けて新たな知見を出せばいい。
そんな連想だけで、アイディアも話題も尽きない。

..遠藤武

経営 その105 〜 マウンティング。

マウンティングとは、無理して外面を目立たせようとすること。
目に見えて目立とうとする作為は、自覚のないごまかしだ。
そうではなく「自然とにじみ出る強み」に価値がある。

この意味。
マウンティングや負けず嫌いの原因は、単なる経験や知見の不足だ。
年齢や役職や待遇の差でマウンティングしてくるような視点や仕組みは、
知性も自由もなく、自分の立ち位置の進歩を上っ面で終わらせているだけ。

退屈な組織や、組織づくりの失敗の本質は、マウンティングなんだよね。

..遠藤武

経営 その104 〜 分析。

分析力だけだと、現状からのジャンプが出来ない。
前提を想像して、分析して事実を調べて、その差を埋めるべく分析して仮説を立てて、
そこから行動して、また前提を想像して、分析して……。

この意味。
分析とは、確実に着地できるジャンプ台を作る手段だ。
分析が得意なら、次は想像とストーリーテリングを心がけ、
分析だけでは辿りつけない領域にジャンプしていけばいい。

..遠藤武

経営 その103 〜 外から眺める。

売上と利益とキャッシュフローばっかりに集中すると、
かえって胡散臭くて退屈な人になってしまうんだよね。
好きなことを好きな人と実行してお金を気にすることが、大前提。

この意味。
単にお金の流れだけばっかりを気にして止まない状態は、
お金が足りないか、お金以外のことを犠牲にしているかというだけ。

まずは関わる人を変えていく(関わるのをやめる、関わる人の変化を促す)か、
その前段階として、関わり方を少しずつ変えていく。

細分化していけば、まず自分の変わり方が見えてくる。
こうやって外から眺めるくらいの余裕が大切なんだよね。

..遠藤武

経営 その102 〜 老舗。

ただ単に続けるだけでは、続ける前に飽きてしまう。
まずは、やることとやらないことを学んで見極める。
継続できる老舗は、そうやって価値を作り続けているんだよね。

この意味。
科学やテクノロジーでも、芸術でも、文芸でも、長く続いている物事は同じ。
眼の前に感動があったり、喜んでもらうような、プラスの意味でのハマり込みが必須。
ただ単にお金のためだけじゃあ、簡単に見透かされてしまうし、そもそも続かない。

..遠藤武

経営 その101 〜 テックスタートアップ。

SaaS、フィンテック、ECサイト、SNS、マッチング、シェアリング、AI、業務システム、データ分析……。
おおよそ言えば、これらのパターンのどれかに当てはまる状況が見えて来た。
この分類の外にあるのは、データ化しづらく属人化した古臭い分野だ。

枯れた技術の水平思考という言葉に、今こそ改めて着目してもいい。
そもそもゲーム会社自体がテックスタートアップだけども。

テクノロジーに気を取られるのではなく、お客さんの成功体験が何なのかを、
徹底して考えに考え抜く方が先なんだよね。

..遠藤武