言葉にしきれなかったり、言葉にすることがおぼつかない、そんな物事に着目しよう。 そこには、あなたが譲れないトピックが隠れている。 好きであることや、どうしても興味が止まらない分野や、どうしても納得できない物事を解き明かすために、 言葉やイメージを狩りに ...

何かを押し進めるためには、青臭さによるエネルギーが必要だ。そうでなければ「やり尽くした」という誤解ばかりを抱き、勝手に行き詰まってしまうからである。仮にあなたが、特定の分野について酸いも甘いも知見を持ち合わせるなら、それ以外の分野では、わざと初心者として ...

独立した知的生産を志向しているのに、 ヒエラルキーや常識が優先される組織や場で働いても、 正直なところ全く意味がない。 この場合、直ちに知識を付けて、大急ぎでそんな環境を脱するべきだ。 (なぜ脱出するのか?) 脱出する理由は、「経済活動の舵取りを担う自由」 ...

イラッと来たら、その相手や対象の固有名詞を除去しよう。 それだけで、噂話やヒソヒソ話や悪口への加担をゼロにできる。 これは一種のモデル化や一般化と同じだ。 一般的な知識や書籍の知識に基づいて対象をモデル化して話せばいい。 批評的・懐疑的に分析し ...

準備不足にも良し悪しがある。 ・そもそも本気の問題意識がない ・そもそも視点が見当外れ ・そもそも新たに学ぶ気ゼロ このような状況を平気で放置する層は、全て悪い意味での準備不足だ。 いかに資格や学位を持ち、いかに名を馳せていようと、 人を煽 ...

同じ目線で語りかけてもらうと、人は安心する。 これは良好な人間関係の基本だ。 どんなに正論だろうと、どんなに「同じ目線だよ」 「あなたにメリットがあるよ」と言葉で主張しようと、 「一方的な上から目線」が端 ...

負ける必要のない負けは、グッと減らせる。 ほんの少しずつ「これ知ってる!」を積み重ね、 思いつきで実行していればいい。 既存の重厚長大な組織が小さい組織に上書きされてしまうのは、 重厚 ...

「知識より思考力だ」という発言がとても目立つ時代になった。これは半分は正しいが半分は大間違いである。ただ単に「知っておくこと」で決まる知識勝負は、さして役に立たない。過去の知識は、あっという間に陳腐化してしまうためだ。かといって「思考法をインストールして ...

巷では「バランスの良さなどいらない」という視点が流行っている。 これは実は単なる煽り文句だ。 成長の行き着く先では、自分なりのバランスの悪さを活かし、 それをカバーできるバランスに収束すると覚えておこう。 「バランスの良さ ...

・下請けはしない・無為につるまない・ヒエラルキーに流されない・知的好奇心と行動力のバランスを絶やさない・煽りには乗っからないこれをしないだけで、物事の成功確率がグッと増えるんだよね。ボタンの掛け違いを徹底して回避する一番の策だ。物事がうまく行っていない状 ...

↑このページのトップヘ