「禁じ手」をお互い認められる人こそ、大事にすべきだ。 何も「違法行為をしろ」「卑怯者になれ」というのではない。 「一般論からはダメなんだけど、こいつなら許すわ」 という感覚をシェアできる人を大事にしよう、ということである。 禁じ手というルール破りを行うこと ...

あなたの箸の上げ下ろしレベルまで逐一見てコントロールしようとするような管理体制を「マイクロマネージメント」という。 これが行われる理由とは、ろくに知識を集める気もスキルもない人が、怯えているだけにすぎない(組み立ての工程を標準化するといった場合は別だ ...

知識に投資して環境を変え、環境を変えて知識に投資することを繰り返す「行動」のサイクルで、8-9割の物事はどうにかなる。 環境がパフォーマンスと待遇の良し悪しを決めるので、自分の常識なんて信頼できる本でさっさと上書きしよう。 残りの1-2割は「 ...

実のところ、データの挙動の基礎さえわかっていれば、 Excel関数の延長でプログラミング(例えばPython等)にシフトするのはあまり違和感がない。 ・文字列を数える ・四則演算する ・統計処理する ・文字数を数える ・文字列を置換する ・データを並べ替える/読み込む… な ...

幼少期を専ら英語圏で過ごしてしまった場合、 「文化的な差異(∋現地の言語に含まれる差別的・暴力的とも取れるニュアンス)」 を浴びすぎて、偏狭さが不可避となることもあろう。 いっぽう、例えばその人が自由七科と専門性に裏打ちされ ...

「あなたはレベルnです。つぎのレベルに上がるには、xの経験値が必要です。」 このような表示をゲームで良く見かける。 現実には、スキルなどのレベルも、次に上がるための明確な指標も、このように数値化しようがない。 ...

・ソフトウェア工学 ・数学(代数、統計学、解析) ・リレーショナルデータベース ・アルゴリズム いきなりプログラミング言語から学ぶのではなく、まずはこれらの知識をセットで仕入れると楽だ。 物事をルーチン化して、問題を解決するためにプログラミングを行 ...

・本を読んでいる(特に論文/専門書を人文科学・自然科学・社会科学の全般で) ・物事に知的好奇心のある健全な懐疑心を持てる(聖域を作らない) ・精神的に余裕がある(笑いが取れる、冷静でいられる、一緒にいる相手を疲れさせない) インテリジェンスがある人の要素は、 ...

「精神論」を考えるとき、楽器が吹けなくなった出来事をよく思い返す。 全く吹けないわけではないのだが、ブレスがまともに取れない。 厳密にはブレスが取れないわけではないが、音を維持するための腹筋だか背筋だかが強張る。 今でも医学的な原因はわから ...

「実はリベラルアーツドリブンだよね?」 この発想は、ある種のストレステストだ。 上を聞いて「そのとおり!」と返って来るクレバーな(ある種の知的なクレイジーである自由を認める)環境は、純粋な日本の企業ではお目にかかれない。 ...

↑このページのトップヘ