「怒り」は、期待はずれに対するやり場のないエネルギーの現れだ。 怒りにまかせてエネルギーを不用意にそのまま放つとどうなるか? 「烈火のごとく怒る」とか「カミナリオヤジ」という言葉があるように、人間関係でヤケドを負わせ、誰彼構わず感電させかねない。 ロールプ ...

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #e4af0a} 「若くして極めて優秀なのに、立場を追われた友人がいるんですよ。 ...

どんなにゴミのような物事だろうと、そこに価値を見出せれば、それは立派な付加価値だ。注意したいのは、・常識や伝統の理解や懐疑を経た上でアップデートする営みから出る付加価値・常識や伝統の理解と懐疑がずさんなものに値札を付けて出した付加価値のいずれも、世の中に ...

議論することの意味とは、過去や現在をありのままに捉えて検証し、 将来の価値を前向きに作っていくことにある。 アカデミックな空間で行われる議論やそのトレーニングは、この意味に沿う「価値への問い」が、自己目的的に(時に無目的に)絶え間なく求められる。 ...

適当に何気なく動いた結果、ヒットやホームランにつながってしまうような仕組みが「適当」の使い方だ。 適当という言葉に違和感があるのなら、まずは「肩の力が抜けた状態」とでも捉えておけばいい。 その先に、荒唐無稽なレベルの成果の出方を仮定し、徹底し ...

『聞け万国の労働者』という、「無産の民よ、立て!」と、労働者階級を鼓舞する労働歌がある。 この歌の旋律は『歩兵の本領』という軍歌と同じだ。 さらに、いずれの曲も『アムール川の流血や』という、旧制第一高校(現在の東京大学駒場キャンパス)の寮歌が元 ...

仕事であれ学びであれ、物事はルールを知って作る側が有利なようにできている。不満があるのに、ルールに阿るだけでは、何も始まらない。ルールの壁に勝手に戦意喪失していても、何も変わらない。「ルール作りなんて、大層なことはできないよ」「それは政治や行政の仕事でし ...

書籍や文献や作品や経験は、それ単独では多様かつ(ほぼ)独立した世界観を持つ、データベースの1つだ。 リレーショナルデータベースのようにこれらを組み合わせて扱い、自分というデータベースを構築するのである。 ...

一期一会とは、普段の思いつきに関して「しまった!忘れた!」となる状態を防ぐための言葉だ。 書くことやアイディアを持つことや、ブレイクスルーを狙うことについては、特に重要である。 それはなぜか? 些細な思いつきを日頃から蓄積し、それを元手 ...

「食わず嫌い」による否定や肯定はもったいない。もったいないどころか、逸失利益にもつながりかねない。 一度でいいから体験し、その上で「こりゃダメだ」と思ったら撤退・回避していい。 新しい光の当て方が見いだせたなら、堂々と挑戦・関与・傾倒すればいい。 ...

↑このページのトップヘ