大多数の人が、中高生のときに「校則なんて守ってられねーよ!」という思いを経験していることだろう。 校則が事実上ない学校を選べればそれで良い。また、立ち居振る舞いに影響が出なければ特に心配はない。 ...

些細なことで悔しがり続けるのは、ぶっちゃけ「ヒマ」というだけだ。 取るに足らない物事や人に対して、毎度毎度のように時間を割いているヒマなどない。 本を読んで物を書いて、面白い物事や仕事にのめり込んで、さっさと環境を変え、ヒマを潰してしま ...

日常のコミュニケーションとしてのあいさつは、異常事態でも生じていない限りは気楽に出来るし、欠かさずすることがプラスになる。 これと逆に、「あいさつができない」という異常事態に陥っている人がいる場合のあいさつは、小声でそっとする程度にとどめておこう。 ...

ストリートスマートという言葉を、ブックスマートという言葉と比べるのは、実は大間違いだ。 ストリートスマートを自称しながら「良書や学問体系から知識や発想を用いることができない」のは、単に事実認識が甘いということだ。 その結果行き着く先は、中途半 ...

知識とは、あくまで「レゴブロックのひとつ」に過ぎない。 そのひとつひとつを組み合わせて、何を作り上げるかが、知識を得ることの論点だ。 知識を得ることそのものが楽しい、という事実は絶対に否定しない。 だが最終的には「今までなかったも ...

成長したければ、意味のあるトレーニングや行動を通じて、成果を出すほかにない。これには、環境の助けが必要不可欠だ。 環境がしょぼかったりフィットしない場合、せっかくエネルギーを割いて活動しても、成長して自分を鍛える機会がゼロになる。 トレ ...

「変わっている」とか「変人」を自称する人は、「変わっている」「変人」という安易な言葉を安直に使っている普通の人だ。 本当に変わっている人は、止めどない自分の世界観がついつい先に出て来てしまう。 そこには「変わっ ...

ぶっちゃけてしまうと、そつなくこなす優等生は「凡庸になるための中期経営計画を無意識に書くこと」が得意だ。 以下のような傾向にある人は、要注意だ。 ・模範解答のコピー&ペーストが得意 ・そのルーチンを全人的な才能だと思い込まされる ・これらを幼少 ...

嫉妬を小指の爪の先だけでも感じる対象があったとしよう。 そんなときは「嫉妬先がどのような発言や行動をするか?」を、モデルを作って先読みすればいい。 言わば、脳内に「嫉妬先の頭脳」を用意してしまうのだ。 ...

どうしても生理的に無理であるとか、思考と行動を繰り返してもどうしようもなく嫌悪感がある状況を「苦しいこと」としよう。 これに対処するには、「天から眺める」という思考実験をすればいい。 徹底的に別次元から眺めて、全てを見下ろすのだ。 これ ...

↑このページのトップヘ