成長したければ、意味のあるトレーニングや行動を通じて、成果を出すほかにない。これには、環境の助けが必要不可欠だ。 環境がしょぼかったりフィットしない場合、せっかくエネルギーを割いて活動しても、成長して自分を鍛える機会がゼロになる。 トレ ...

「変わっている」とか「変人」を自称する人は、「変わっている」「変人」という安易な言葉を安直に使っている普通の人だ。 本当に変わっている人は、止めどない自分の世界観がついつい先に出て来てしまう。 そこには「変わっ ...

ぶっちゃけてしまうと、そつなくこなす優等生は「凡庸になるための中期経営計画を無意識に書くこと」が得意だ。 以下のような傾向にある人は、要注意だ。 ・模範解答のコピー&ペーストが得意 ・そのルーチンを全人的な才能だと思い込まされる ・これらを幼少 ...

嫉妬を小指の爪の先だけでも感じる対象があったとしよう。 そんなときは「嫉妬先がどのような発言や行動をするか?」を、モデルを作って先読みすればいい。 言わば、脳内に「嫉妬先の頭脳」を用意してしまうのだ。 ...

どうしても生理的に無理であるとか、思考と行動を繰り返してもどうしようもなく嫌悪感がある状況を「苦しいこと」としよう。 これに対処するには、「天から眺める」という思考実験をすればいい。 徹底的に別次元から眺めて、全てを見下ろすのだ。 これ ...

決断する上でのボトルネックは、・事情や洞察もないのにノロノロする ・事情や洞察もないのにその場しのぎ ・事情を優先しすぎて直感を使えない といった状況だ。 決断は即行うべきだが、事情に応じて「牛歩戦術」を部分的に敢えて使っても良い。 非常事態なら、ひと ...

「働くのが嫌だ」から「資本主義が嫌だ」とついついシフトしてしまう現象には、実は誤解が隠されている。正確には、「組織とその周辺の習慣が非合理的でおもしろくないから、その非合理の奴隷と化した資本主義が嫌だ」端的に言えば、「サラリーマンの群れ方が卑屈で薄気味悪 ...

・いっとき過大評価されすぎた ・根拠のない不安が見え隠れする ・他人や名無しさんの批判に強く反応する という具合で名の知れた層は、およそ「過大評価されて(取り巻きも含めて)胡散臭い」という具合だ。 ウェブでの炎上芸を楽しそうに操っていても、返し方がどこと ...

ぶっちゃけてしまうと、付加価値の高い職種ほど、転職・移籍を頻繁にするキャリアホッパーがダントツで評価される。 特に、経営管理部門はこれが顕著だ。 なぜなら、 ・自分の頭で徹底的に考える ・自分の身体をひた ...

・知識や行動や洞察に基づいていない ・自由意志に基づいていない ・改善や刷新という発想がない ・協力するという発想がない ・物事を面白がることができない このとき、懐疑心は猜疑心へと朽ち果ててしまうんだよね。 一文字違いで大違いだ。 ...

↑このページのトップヘ