「自分は何も知らない」と悟って、数多を知ろうとし続ける態度が大切だ。 「知らぬが仏」という言葉の一般的な意味のまま過ごし、 ほんの少しの知識の足りなさにやられてしまうと、 知らず知らずのうちにお陀仏さんという状況になりかねない。 知らないことを ...

行動できる人は、わかったフリをしながらも、独自のルートから更に掘り下げて理解を深める。 行動できない人は、わかったフリをしただけで、右から左に情報を転がし、ストックが増えない。 わかったフリをしたときの言い間違いや言い ...

自発性や自由があると、執念や悔しさに突き動かされる。 それ故に苦しむこともあるが、少なくとも「自由とは何か」を問うているので、 自分にとって尊い物事が何かを探り、応援を得やすい傾向にある。 自発性や自由がないと、ただせせこましく煽 ...

ここ一番で、コントだかギャグ漫画のような、 ありえないほどのケアレスミスや大失敗をしたとしよう。 これがせせこましい縄張り争いのような場面で起こったのなら、終わりの始まりだ。 このとき「お前はもう死んでいる」と言われた状態と同じだ ...

いまこの瞬間を、主体的に動いているのか? それとも、主体的だと思い込みながら、 仕組みに取り込まれているだけなのか? ...

「因果関係の証拠がない」 「勉強が不足している」 これらのフレーズは、不備のある議論を押し通すために使うことができる。 このとき、テレビCMでよくある「※個人の感想です」という文言が、議論にくっついていると思えばいい。 これに対処す ...

混じりっけがなく無邪気であることが全てだ。 混じりっけがないからこそ、純粋に考えた分だけ考えが深まり、鍛えた分だけチカラがつく。 一般に、幼少期ほどグイグイ成長できることの理由はここにある。 純粋さがあれば、年齢に関係なく成長できることも同じ理 ...

何かにハッと気づいて方向転換できるうちは、 愚かさから学んで強くしなやかで自由に動くことができる。 そうではなく、上位互換となる事例や事実を無視し、 優しさや自由をないがしろにして、同じようなことばかりを ただ連呼して煽っている層は、愚かさから学べない ...

老若男女問わず、喧嘩など時間と感情の最もムダな争いでしかない。つい喧嘩を仕掛けたくなるほどイラッとする対象は、わざわざあなたが喧嘩を仕掛けるほどのレベルの相手ではない。イラッとしたら、現在の延長線で物事を考えることをやめ、自分のレベルを倍々ゲームで上げて ...

しつこいゴリ押しの裏には、そもそも自信のなさが隠れている。邪魔なセールスも、うるさいだけの広告も、炎上マーケティングも、マルチ商法も、「目立たなければ何も始まらない」という恐怖心が根底にある。目立たなければ何も始まらないという発想は、実のところ、何もしな ...

↑このページのトップヘ