違和感を抱いたら、新旧のインプットから行動とアウトプットにつなげるチャンスだ。 自分の解釈や知識の組み合わせを、さっさと一次資料として表現してしまえばいい。 コメントであれ、論文であれ、文芸や詩歌であれ、マーケットレポートであれ、絵画であれ、 ...

「意識高い系」で、素行や知見に疑問がある層は「知識低い系」とでも思っておけばいい。 この層の存在は、知識回収で代替できてしまうからだ。 「意識だけが高い層」のチェック項目はこんなところだろう。 ...

ヒエラルキーは、目に見える後天的な要素に思われがちだが、実は物事が始まる前からとっくに決まっている。 階層に応じ、扱うボキャブラリーはおろか、発想や思考・嗜好からして根本的に異なるのだ。 それは大学のレベル差かも知れないし、扱える言語(数学含む ...

法則性とは、思考で作れる模型だ。 法則性を作るのに失敗してもいい。 たくさん作ってみるといい。 読んで書いて行動してみるといい。 無理に会話で出さなくてもいい。 法則性を作る回数を増やして、思考のインプットとアウトプットの試行の桁数をグイグイ上げ ...

ウェブ上でいち早く拡散される情報に価値があると思い込まれているが、これは誤りだ。 情報の価値を差し引いてしまえば、「拡散=感情とお金の流れ」に過ぎない。 中身をロクに検証もできないキュレーションメディアやキュレーター、コピペだらけのまと ...

謝ったら死ぬ病とは、このことだ。オッサン・オバサン化の初期症状でもある。 ろくに調べもしないで断言しておきながら、無知の知を自分から知ろうとしないことが特徴だ。 元ネタは言わずもがな、キルケゴールの『死に ...

「あの人は優秀で、自分は優秀じゃないから」 こんな理由付けで、学びや行動の機会をモヤモヤと出したり引っ込めたりする人は少なくない。 これは、できない自分を正当化して守りに入る心理というだけだ。 この正当化を、まず排してしまえばいい。 ...

何かを習得する上では、豊かなイメージやプラスのフラッシュバックといった記憶が、自分を助けてくれる。 一方、そのような豊かさを邪魔する嫌な記憶についてはどうするか。 忘れる権利を行使するか、一切無視する自由を行使して、さっさと次に進んでしえばい ...

「ワクワクすることをやろう」 このフレーズは、今や耳にタコができるほど使い尽くされている。 今使うと陳腐な具合は拭えないが、素直さがあって、幼少期を思い出すような言葉の響きは嫌いではない。物事にとりかかるハードルを下げてくれるからだ。 ...

ついつい「良い」「悪い」のように考えてしまう二者択一がある。 こんなときは「二者択一を複数回重ねる」こと想定するといい。 樹形図のように、さまざまな状況を分岐させてしまえばいいのだ。 つらい思いに ...

↑このページのトップヘ