普段から、空想に堂々と浸るくらいの余裕や知識があるといい。 自分だけにしかアウトプットできないような、 「それはお前の勘違いだ!」と罵られるような荒唐無稽さが鍵だ。 拾い上げた知識を有機的に結びつけつつ、 あたかもイタズラの如く実行・発言す ...

「新しいから良い」 「古いから良い」 とか、 「一見してわかりやすいから良い」 「理解するのに知識のハードル超えが必要だから良い」 とか、 良いという概念にも対極的なものが数多くある。 ...

現状では何も出来ないと感じたときは、 「ミニマリスト」になったと思い込んで、 物事を極限まで小さく回してみるだけでいい。 いま現在で回せる資金や資材や人材の総量が小さくとも、 そんなことはお構いなしに、徹底して自分の納得の行くまで、 ひたすら知識を調達すること ...

・複雑だと感じた場合は、一旦わざとシンプルに捉え直し、肌感覚を大切にする ・シンプルすぎて偏見や捏造や不安感を感じた場合は、矮小化と判断し、異分野から仕組みを持ち込んで解釈を重ねる 何でもかんでもシンプル化することばかりに目が行くけれど、 矮小 ...

誰かのおつかいを嫌々やらされる組織では、猿芝居が流行っている。 猿芝居に長けた層は、陰口やヒソヒソ話で口からエネルギーと体力を浪費する特徴がある。 もちろん本人達は、これを猿芝居だとは思っていないし、 それどころか全く正しいと ...

「科学者が言っているから科学的に正しい。それ以外は不快」 「政権批判ばかりで足を引っ張ろうとしていて不快」 批判に対する不快は、知識が足りない人の脊髄反射だ。 光の当て方が一面的な人が陥りがちな発言である。 こういった層は、知識も ...

究極の属人化って、発明することなんだよね。 誰かの依頼でルーチンを受託することには、おつかいという価値がある。 誰かが作ったルーチンを再現することには、学習という価値がある。 自分で作ったルーチンを回すことには、安心と ...

急ぐことでアウトプットは拙速になってしまううちは、 急ぐことに流されているだけだ。 天衣無縫の急ぎ方とは、仕事や仕上がりが早いにも関わらず、ゆったりしたインテリジェンスで納得してしまう。 この場合、急いで出した案 ...

輪郭とその内側だけでなく、 輪郭を浮き彫りにさせる外側を描くことで、 ようやく全体像があぶり出される。 (上の絵で言えば、三次元の形状とおぼしき物が見える現象だ。)本を読んで知識やデータを仕入れたり、人から知見を得ることの意味は、こうやって外部から照らし ...

知識格差や読書量の差があまりに極端だと、話が合わず、対等な会話が成り立たなくなる。 知識が足りている側からすれば、粗ばかりが目立つような層とは対等に話す気が起こらない。 これが役不足を招き、どうしようもないストレスにつながる。 ...

↑このページのトップヘ