大学卒業者は、視点を広げて深める基礎がある人、という能力を持っている(はずである)。 それがない大卒は、煮ても焼いても食えなく、社会においても科学においても悲惨な状態だ。 「大学は自分がやりたいことを学ぶために行く場所」 という視点は、実は ...

「粗雑ではなく、かといって神経質でもないけど、妥当にエネルギーを割いている」という状態が、「適当」だ。 バイアスを避け、主体的かつ合理的に取り組む物事を「適当」に行うことは、肩の力が抜けてくれてちょうどいい。 ...

専門知識の必要な分野で、以下の二つが対立したとしよう。 ・科学的に正しいとされる策 (デメリット: 不変かつ無謬とは誰も保証しない。推進者は専門家の皮を被った営業マンの可能性大) ・ユーザーに寄り添った策 (デメリット: ともすれば、無知でも声が大きけ ...

↑このページのトップヘ