・誰かが適切なフォーマットで作った記録にアクセスできる ・それを元に検証や分析や再解釈が新発見を進められる ・自分でもその記録を適切に作りあげることができる アカデミックスキルを差っ引けば、以上の三点が、論文を扱えることの効用。 大学で研究職を ...

議論することは「矛盾が生じた人のあいだで一定の合意を出し、民主的に世の中を回していくための表現と鉄続きの手法」として欠かせない。ただし、新しいものごとや世紀の大発見が一世を風靡するとき、議論は無駄である。圧倒的に少数派の強者による「独善」が、議論して合意 ...

高校や中学レベルの補習を、破壊的にレベルの低い大学で行うことが「リメディアル教育」の実態。 どうせなら、漫画やアニメやゲームやコンピュータやスマホを駆使して、知識と知恵を得ることの面白さに徹底的に気づかせながら基礎力をつけて、一気に大学レベルまで持 ...

↑このページのトップヘ