チームを的確に作って率いる人は、人選びがうまく、知識も行動力もあり、さらに言葉遣いは群を抜いて的確だ。

ただし、こんな人材はヒエラルキー関係なく、一般的な組織内の10%を占めれば良い方である。

残り90%は「仕組みを作って率いる」のではなく「スキルの見極めがつかないまま指示する」だけが関の山というスキルしか持ち合わせていない。

プロジェクトマネジメント、BPR、PDCA、内部統制…こういった、それ自体が面白い知識や概念がある。また、以下の本のように、体系立っていなくとも活用できる知恵や発想も世の中には存在する。



これらを自分の頭と体をフルに活用して、「概念上のものづくり」を対話ベースで実行出来ないのであれば、知識も準備も不足しており、そもそもチームを作る意思がゼロということである。

こう書くと「そんなわけない、意思はある!」という反論が出てくる。しかし、権限に伴った知識が足りていないのに反論するという芸当は、口先だけ達者な人の手口に他ならない。口で言う前に知識で反論すればいい。

原理原則は、知識と組み合わせが全てである。チームづくりをしているリーダーの力不足は、知識不足とだとも気づかずに、堂々巡りをしているだけだ。

知識がないなら、即日リーダーをやめたほうが自然の摂理にかなっており、身のためなんだよね。