清々しさを得られることが、納得の効用だ。

納得がいかないとき、好きなだけ食らいついても良いし、いっそのこと思い切って別な道を歩んでも良い。

納得に大切なのは、自分に対して、
「食らいつくなら、真逆の視点を持っても良いんだよ。」
「別な道を歩むなら、少し頭の片隅で今を齧っていても良いんだよ。」
と語りかけ、矛盾や妥協も時として認めてやるという点である。


物事を決断して行動に出る際に、ハードルを下げるとっかかりを得られるし、ちょっとしたことでは動じない余裕ができる。

この「許可出し」を、毎度毎度全ての物事に用いて、常に妥協する必要はない。

ふと気になったときに、自分をなだめるための気つけ薬として、気分に合わせてぼんやり繰り返せばいいのである。


イライラが募るときは、まず矛盾を認めて清々しさを得たほうが、腹落ちできてしまうんだよね。