2017年12月

メディアに出てくる人の、すべての発言やキャラクターづくりは、 「台本ありき」「宣伝ありき」のほか「知名度ありき」と思っておくだけでいい。 芸能人や有名人が好かれる/嫌われるとは、少なくとも「知名度」を課税標準とした「有名税」でし ...

「ネットで真実」とか「大手マスコミ不要論」はおおよそ聞き飽きた。ヘナチョコさを隠すため隠れ蓑に過ぎないからだ。 作家や文筆家やコラムニストやブログメディアの炎上騒ぎやレッテル付けも聞き飽きた。書き手がどんどん自分のレベルを下げているからだ。 打倒・疑似科 ...

人事の本質は「ドッキリ」とか「手品」のようなものだ。 直接言っても聞かない人材は多数いるし、何も言わなくとも上手く立ち回れる人材も多数いる。 「そのような人材をいかに組み合わせて、どのようにモチベーションを焚きつけるか」が人事である、というの ...

公私を問わず「メディア」は何らかの意図が明示的または暗示的に存在している。 この意図こそ「バイアス」だ。 誰かに物事を的確に伝えるには、書いたものがどのように解釈されるかを、徹底してコントロールする意図が必要である。 このとき、何らか ...

社会学は、ファイナルファンタジーで言えば「みやぶる」や「ライブラ」と同じである。 学歴、職歴、出身地、性別/性志向、趣味、顔つき、言語と発言内容、居住地、転居歴、恋愛/婚姻歴、 髪や皮膚の色、装飾品、服飾、年収、所属先とポジション、宗教、思想信条、健康 ...

「成長!成長!」と言いながら、「あれ?まるで成長していない…」という人が少なくない。 これは誰のことだろうか? インサイトや引用文献が皆無の、フリーランスのライターのことだ。 具体的に使う肩書きは、 ・コラムニスト ・文筆家 ・アフィ ...

「間に、信頼できる第三者や知識やサービスや距離を噛ませる」ことで、残念な人を回避することができる。 ここで言う残念な人とは、特定のコミュニティの中で、これ以上関わるべきでない迷惑や害悪をもたらす人のことだ。 具体的には、 ・校内暴力の当事者 ・ ...

外国語にせよ母語にせよ、わからない状態でも、わからないなりに言葉や概念を発し、臆さず並べてみよう。 この発想で、気分よく盛り立てて場をつなげることは、流暢さの一形態だ。 「論理的」という言葉を脇に退けて、どうやったら的確に伝わ ...

ケンカなど、下らないからすべきではない。 偏狭な人同士が自分の偏狭さを棚に上げて「おまえは偏狭だ」と言い合うことがケンカの本質だからである。 それでも、ある種の「なりきり」で敢えてケンカをするなら、「自分に効用がある、自己完結できる構造 ...

神経質だとか心配性なら、場の状況を網羅しつくす側に回ろう。 「攻略本を書く側」と言い換えてもいい。 自分を中心に「よく分からなくて不安」という状況を根本的に変えることが、この目的と効用だ。 ...

↑このページのトップヘ