2018年01月

不用意に愚痴をこぼすと、知られたくない人に思わぬところで知られてしまうんだよね。 「αさんがメールでXさんに向けてこぼした上司のY氏への無根拠な愚痴が、現にY氏を信頼しているXさん主導の重要なミーティング中に、そのまま見えてしまう」といったように。 ...

七光りだろうと何だろうと、使いこなした者の勝ちだ。 このとき「使いこなす」とは、古典的な自由(七科)を基礎としたアカデミックスキルが根底にあるということである。 小手先の試験対策スキルや、フォトジェニックスキルやヒップスタースキルや、 広告代理店 ...

いま流行っている(もしくは流行りつつある)最先端の物事は、有無を言わさず関わるか体験しておくといい。 自分自身の目の前にある物事を、「古いか否か」「変えるべきか否か」という視点から、全て見つめ直すきっかけになるからだ。 最先端を実際に体験してお ...

ハマれて面白い物事は、他が見えないくらい徹底してハマりきればいい。 「これは違うなぁ」と感じるものは、俯瞰すればいい。 そうすれば、全体像が浮き彫りになるんだよね。 ...

イヤイヤやったことで疲れると面白いことができない。 面白がって疲れるともっと面白いことができる。 よく寝てよく食べてよく遊ぶことが、疲れを取ることの全てなんだよね。 ...

物事から撤退すると決め、次に向けて動くとき、レイムダックの状況に直面する。特に、組織を辞めて去るときには、心理的な圧力にもなりうる。 このイヤ〜な圧力を完膚なきまでに叩きのめすには、あなたの脳内を「最強最大で天下無敵のいたずら者のエンターテイナー」 ...

徹底集中するのが常日頃だというなら、あえてゆったり過ごすせばいい。 ゆったりするのが常日頃だというなら、あえて徹底集中して過ごせばいい。 こうやって「自分の全体像を確保した上で、現状の流れを極論で調整する」だけで、流れを変える大胆さを得られる ...

ゼロからイチを作り出すことは「ものごとに価値を与える」ということだ。 プログラミングだろうと資格試験だろうと、既に存在する知識を組み合わせて(手に)入れる。 その成果物や学習成果が、仕組みを作り出したり、市場価値を持ったりする。 厳密には「ゼロから作り出 ...

物事の成否を堂々と「偶然」のせいにしていいのは、「普段はありえないのに、偶然そこに猫だか犬が入ってきて失敗した」というような場合だけだ。 徹底して意識的にも無意識的にも準備したところで、このような偶然は想定しようがない。このとき、人間と遺伝子の異な ...

いずれも「ごっこ遊びで誰が何をするか」を決める上でのヒエラルキーに過ぎない。 子供ごころに「こんな頭の悪いクラスメイトとは遊ぶ気になれない」「誰々が裏切った」と思ったことがあれば、それは大人の世界でも全く同じということだ。 こと官僚制( ...

↑このページのトップヘ