「ネットで真実」とか「大手マスコミ不要論」はおおよそ聞き飽きた。ヘナチョコさを隠すため隠れ蓑に過ぎないからだ。

作家や文筆家やコラムニストやブログメディアの炎上騒ぎやレッテル付けも聞き飽きた。書き手がどんどん自分のレベルを下げているからだ。

打倒・疑似科学だとか、反・反●●のような科学者の言も聞き飽きた。シケプリ暗記の成果でしかなく、そこに現実解を目指す発想がない。「仏作って魂入れず」どころか「魂作って仏入れず」という言い間違いにすら気づかない、ただの宣伝行為に過ぎない。



これ以上聞き飽きたくないのであれば、「その情報に、どれだけ自由意思の尊重が存在するか」という発想を保つ必要がある。

仏大手新聞ル・モンドのこのような記事のクオリティの文面が、日本語でほぼ手に入らないというのはとても残念である。
自由な知性と教養が大切だと腹落ちする人が増えていかないと、こればっかりはどうしようもない。

自分が情報を発しているのは、そこに貢献するためなんだよね。