「動機付けの失敗」という場面は、徹底回避しよう。

例えば、こんな状況が挙げられる。
・ねちっこく嫌味な言い方を繰り返す
・成長を盛り立てず不寛容であり続ける
・公平性と情報共有がない
・学んで挑戦していくサイクルや姿勢がない

このうち1つでも見かけたら、関わるだけ時間の無駄だ。
このうち2つでも組み合わさってしまったら、もうおしまいだ。

この手の人や場面からはさっさと逃げよう。 

企業や組織なら言わずもがな、友人だろうと親兄弟だろうと、さっさと逃げよう。


負の動機付けを終わりにしたい、上記を徹底すれば、知人扱いすることすらやめるくらいでちょうどいいし、次の風景は確実に清々しいものになる。

これは「終わりの始まり」のサインということなんだよね。 

自分を終わらせるのか、自分への負の動機付けを終わらせるのか、自分で選んでしまえばいいだけだ。