ただの悪口を繰り返す層は、つまるところ「負け惜しみに逃げる層」だ。

悪口に花を咲かせる層は、対象を罵りたいのではなく、手近にあるものをあげつらって、負け惜しみ大会をしているだけである。

対象など何でもいいのだ。とにかく負け惜しみを発露して、溜飲を下げたフリができればいいというだけに過ぎない。



悪口を言わずに黙している層や、悪口が出そうな状況をひたすら我慢している層は「我慢大会で苦しむ大多数の平凡な人」だ。



つい言いたくなる悪口を、ついつい面白いアウトプットや行動に繋げてしまう人は「したたかで優しい人」だ。

感情を抑え込むのではなく、アウトプットの仕組みや流れを面白くすればいい。



悪口の原因となる感情を我慢して抑え込む必要は、一切ない。我慢大会で潰れてしまう必要性はゼロだ。

感情を抑え込むことは、自分に嘘をつくことだ。この行き着く先で、悪口の原因が仮に「自分で 回避不能な偶然の産物」だとしても、「自分が悪い!」 と即 嘘をつくことくらい、平気でやりかねない

最後には、自分で自分の環境すべてを嘘と怨恨で埋め尽くし、潰れてしまう。



洞察のあるアウトプットには、まず優しさが不可欠なんだよね。