「うじうじ悩む」のは、自ずとブレインストーミングしているということだ。

悪いことだとか、正々堂々としないことのように感じてしまうが、実は真逆である。

ブレインストーミングしたくてたまらない状況だと、本心で気づいているからこそ、ついうじうじ悩むのだ。



このとき、「へただなあ」「いい加減だなあ」「デタラメだなあ」という感覚が湧き出ても、一切恥ずかしがることはない。

ただ堂々と「うじうじ悩んでいる!」と思いっきり認めればいい。遠慮など全くいらない。

自分で自分を笑い飛ばすくらいの豪放さを持つ大豪傑の役があり、そのオーディションを受けているとでもイメージすればいい。



堂々とうじうじ悩んで、堂々と頭と身体に同じくらいの汗をかいて、堂々とぐっすり眠ろう。それ以外のことは、全部切り離してしまおう。

どことなく気恥ずかしく、そして窮屈に感じるのは、「今の自分の枠の外」に出ようとしているためである。



人によっては、OSの定期アップデートのごとく、この機会が用意されている。

それは情報に対する反応力が、ずば抜けて高いという意味だ。

どうせ定期的なんだから、さっさと堂々と構えたほうが、スッキリと楽しく過ごせるんだよね。