「わかっているけどできない」とは、適当さ不足している状態である。

だいいち、腹落ちするほど徹底的に理解しているのだから、理解不足でも情報不足でもないことは明らかだ。

理解している自負と事実があるがゆえに、自分の行動や言葉について、自分の「コップのごとき器の常識」を優先させすぎてしまい、「できない」だけなのである。


内的な常識が強ければ強いほど、頑固さに悩まされるというだけなのだ。

社会的地位の高低を問わず、コップの中の嵐にかき回されている状況だと言っていい。


いっぽう、あなたにはコップの水を飲む自由も、他者に分け与える自由も、一滴ずつ垂らす自由も、頭から被る自由も、コップごと壁に叩きつける自由もある。

起こりうる(起こせる)現象を適当に列挙するだけでも、自由に取りうる方向性は数限りない。


「器を大きくする」というありきたりな発想に、頭デッカチに悩まされるより、適当に放り投げて行動し、思わぬ道を選んだっていいのである。

今までと逆を取るもよし、地道に「やっていないこと」を列挙して取り組むもよし、不条理でランダムな組み合わせを無数に出して行動するもよし、ということだ。

少しばかりバカげたことに取り組んで、わかっていないことをわざと増やすくらいで丁度いいんだよね。