謝ったら死ぬ病とは、このことだ。オッサン・オバサン化の初期症状でもある。

ろくに調べもしないで断言しておきながら、無知の知を自分から知ろうとしないことが特徴だ。

元ネタは言わずもがな、キルケゴールの『死至る病』である。


素直さを無くしたときこそ、知的好奇心の絶望であり、この絶望は罪なのである。

副題は「教化と拡声のための一神教的、自己心理学的論述」とでも付けておけばいい。


もう一度、簡単に結論をまとめておこう。

素直さを無くすことは罪なんだよね。