一期一会とは、普段の思いつきに関して「しまった!忘れた!」となる状態を防ぐための言葉だ。

書くことやアイディアを持つことや、ブレイクスルーを狙うことについては、特に重要である。

それはなぜか?

些細な思いつきを日頃から蓄積し、それを元手に、日常の風景からアイディアを獲得し放題であるためだ。



集中して取り組むことは悪いことではない。

しかし、クリティカルに(限界を突破するために)思考と行動を巡らせるには、かえって邪魔になる場合がある。

現在の集中を、一旦別な視点からぶった切る必要があるのも事実なのである。



また、無為に忙しく過ごしてしまえば、寄り道の余裕すらなく、閃きは遠く彼方に置き去りにするしかない。 

それどころか、閃きという感覚や概念そのものを、頭から追い出してしまいかねない。

このとき、日常で気づいたちょっとしたことや、ふとした閃きなどは、絵空事だと自分を騙してしまう。


一面的な物事にしがみつくことを面白いと感じるなら別だとしても、
ふとした閃きから、悩みが氷解する瞬間はこの上ない快感だ。


悩みは尽きずとも、ビルドアップの機会を自分から作れるんだよね。

(補遺)
心の余裕を持つことが求められるので、副産物として余裕も確保できる。