「若くして極めて優秀なのに、立場を追われた友人がいるんですよ。
ハイタッチしていくらでも喜べる得意分野が複数あるのに、場を見つけるだけでも大変なんです。

彼の心理的にこわばっている手と僕の手でハイタッチするの。
その彼のことを思い出してね。

僕はこんな老害環境を面白いと思って見ることができないですよ。

こんな場を無理やり維持する人たちは、
仕組みとか喜びとか新しさを何も考えないでやっているでしょう。

極めて不愉快ですよね。

そんなに気持ち悪い老人会をやりたいなら勝手にやっていればいいだけで、
僕はこれが自分の仕事や成長につながるとは全然思いません。


極めてなにか生命と知性と価値創造に対する侮辱を感じます。」

(原作:宮崎駿)

https://a.excite.co.jp/News/matome/society/M1479104140708/

若さに対する侮辱とは、つまるところ老害の始まりなんだよね。
古今東西、若年でも凝り固まれば老害、死を目前にしても再生できれば若年だ。