計画が停滞している状況とは、
・目的に達する上での速度が遅い
・ざっくりでも目的があるのに、最適な優先順位付けを間違えている
というケースが圧倒的多数だ。

例えば収入を上げたいのなら、
凡百の大多数がやっていることに流されるのではなく、
堂々と「知らないことを認めて知り、基礎知識を網羅する」
ことを繰り返すだけでいい。

その上で、付加価値の高い分野(AIでもコンサルティングでもPMOでも何でも良い)に、
自分が無理なく入り込めるよう、ベストプラクティスを借りてきて、
自分にフィットするようにお膳立てしてしまえばいい。


この視点に「まずい!やってない」と危機感を覚えるのなら、実は極めて救いがある。
ギクリとすらせずに、無駄な努力を繰り返しているだけの残念な人が、
そうと気づかないうちに圧倒的多数を占めてしまうためだ。

目的を徹底的に定義したりしつこく疑ったりという、
解像度を高める過程を少しずつ踏みさえすれば、
実は自分のポジションを作ることは難しくないんだよね。