プロフィール。

名前:遠藤武(えんどうたける)

東京都北区生まれ、東京都文京区千駄木(谷根千)育ち。
国際基督教大学(ICU)教養学部卒。
小学校から高校まで、美術家さん・作家さん・音楽家さんに囲まれて育ちました。

大阪市を拠点に、外部COOサービスを提供。
主に関西〜西日本をカバーしています。
通話・メール・チャットベースであれば、全世界どこでもカバー致します。
(日本語/英語で対応可能。)

【外部COOサービスとは?】
経営にまつわる各種ご相談(戦略立案・実行支援・経営相談)を、「外部COOサービス」として承ります(月25万円、月1回訪問ベース。訪問以外は応相談)。

「ビジョンを据え、可視化と知識化を通じ、人に寄り添った現実解と行動を導く」という推進を行います。大局を鑑み、本気で勝ち筋を見出したい、状況を好転させたい……とご相談を持ちかけられたなら、まずその場で炙り出しを行い、現実解に至る問題点を引き出します。

支援対応できる内容は、事業計画策定、マーケティング・営業戦略推進、人事・採用・人材トレーニング、プロジェクトマネジメント、SCM構築支援、プロダクト構築、外資企業の日本進出、国内企業の海外進出・国際化・バイリンガル化……などなど。

このほか、貴社ノウハウのパッケージ化支援・社員トレーニング支援も承ります。

【経歴】
大学在学中より、外資ICTアドバイザリファームのアナリストの下にて、IT業界の市場分析を行っておりました。これと並行し、国家資格団体(国土交通省系)の運営にも関わっておりました。

大学卒業後、ブティックファームにて金融機関向けファイナンシャルアドバイザリー事業のゼロからの立ち上げとマネジメント(1件当たり20億円〜200億円の船舶投資案件に助言)、海運・造船・資源エネルギー分野のエコノミスト及びリサーチアナリスト業務を経験。投資案件の財務モデル、市況・価格・需要予測の統計モデル構築、定性分析全般を通じ、海運会社・造船所、総合商社、大手メーカー、資源会社、電力会社、国内外の銀行・証券会社・ノンバンク、日本銀行、官公庁……といったクライアントに向けて助言を行いました。この時、日本経済新聞や業界紙からのインタビューを多数受けておりました。

その後、日系大手製造業でのグローバルSCMユニット立ち上げ及び国際化策立案、外資製薬会社及び外資医療機器メーカーでのファイナンス・財務会計業務、日系シェアリングエコノミーベンチャー企業での経営企画・データアナリスト業務、外資スタートアップ立ち上げコアメンバーを経て、独立しております。

複数の企業・業界におけるプロジェクトリーダーとして、ゼロからの戦略策定、営業・マーケティング・財務・調達・オペレーション・ITの領域に関し、マネジメントから実行に至るまでを牽引しております。関わった業界は、資源・エネルギー、金融、重工業・造船、重電、物流、製薬・医療機器、教育、リラクゼーションなど。日系・外資など売上高4兆円〜200億円規模の企業から、スタートアップや中小規模のビジネスを経験しております。

【boxcox.netについて】
常識の懐疑を楽しみ、知識を仕入れ、生き方や経営や仕事を好転させる。
そのための知見・発想を、ここboxcox.netで毎日展開しています。

現実解への着眼点を引き出し、状況を好転させたい。そのための視点が欲しい。
そんなあなたの、本気のデイリーレポートとしてご活用ください。