知識がないが故に失敗する。これは99%以上の人に当てはまる。
知識があるが故に失敗する。これは1%の人にすら当てはまらない。


前者は、さっさと学んで知識を組み合わせて、知恵をつけてしまえばいい。
後者は、今の自分の器を叩き割って、新たな器を作り、包容力つけてしまえばいい。


この二者の本質は、全く異なるようで実は共通している。
「自分にはまだ知らないことがある」と心底ショックを受けることだ。


知らないなりに学んで、
知らないなりに有効な洞察を作って、
知っているなりに知らない世界があることを認める。


そう心がけて、頭にいい汗をかいてしまえば、カラダもスッキリするんだよね。

このとき、知識を扱うことはある種のスポーツだ。