校則がなく、自由な校風を誇る学校は、数もレベルも非常に限られている。

大多数に受験機会のある、高校に絞って考えると、
・私服通学OK
・頭髪規定なし
・そもそも法律に反しなければOK
という「校則のない校則」を持つ全日制の高校は、ごく一部だけだ。


この校風はもっぱら、
・伝統と特色がある(時として偏差値の序列から上にも下にも自由な)私立中学・高校
・国立大学の附属(中学)高
・有名私立大学の附属中学・高校
・地域の豪族のような公立高校や高専
というグループに偏在している。


上記以外の99%の高校は、校則で制服が定められ、それどころか頭髪検査や持ち物検査が日常的に課される。 
いかに「うちは自由な校風だ!」と自称しても、このようなフルスタックの自由があるとは限らない。


このような格差があること自体がヘンであるものの、現状では「選べる立場」に立つ以外に解決の手立てがない。
当たり前の自由を享受したければ、勉強に励んで権利を勝ち取るか、序列にとらわれない私学に進学するのみだ。

「大学受験もそれ以降も、自主・自律・自由にさせるなら、どの学校でも同じ結果が出せるようにしよう」と、腹を括るのみだ。
現に、偏差値の序列からもラディカルに「自由」な私立学校(「反受験産業」と言うべきレベル)から、世界ランキングで上から数えたほうが早い大学に進学するケースがある。
これは進学率や数の問題ではなく「どれだけやり抜く人がいて、それを支える環境があるか」ということが重要だと痛感させてくれる。


実のところ、きちんと運営が出来ている自由な全日制の高校ほど、生徒も教師も荒れた状態とは無縁で、かつ知性的・理性的だ。
本当に自由な場であれば、うまく噛み合うコミュニティが作れると同時に、党派性がない人が多数を占めるという特徴がある。

本当に自由な校風とは、群れない人を輩出する場のことなんだよね。