「意識高い系」で、素行や知見に疑問がある層は「知識低い系」とでも思っておけばいい。

この層の存在は、知識回収で代替できてしまうからだ。

「意識だけが高い層」のチェック項目はこんなところだろう。
・孤独を楽しんでいるか?忙しさに逃げていないか?
・取り巻きはどれくらいいるか?いたらどういう層か?
・立ち居振る舞いや発言内容を真似したくなるか?
・他者の知見を鵜呑みにせず、知識を集めて合理的に議論を組み立てられるか?
・「自己弁護や誤魔化しや知識のなさ」と「文化資本に応じた独自の世界観」とを混同していないか?
・一定レベル以上も学習歴(特に古典・外国語・数学/自然科学・法律...)はあるか?
・アカデミックスキルが欠け、試験対策文化で穴埋めしていないか?



着実に成長し、知見を残せる材料を獲得していればいい。そうすれば「意識(だけが)高い(=ただし立ち居振る舞いは醜い)」という状況にはならない。

「これはどんな具合かな?」と思い、対象を複数の知識や知見で照らし、スペックが読めるまでのレベルに達したと感じたとしよう。

それは自由の始まりだ。

知識ではなく意識にばかりとらわれて、自己弁護に走る層は、そもそも自由に意思決定できるほどの基礎を持っていない。

これは、自由を楽しむにあたって、一番のリスクである。


貴重な時間を何に費やすかは自由だけど、知識と知見に基づいた自由意志で決めていきたいよね。


(補遺)
・学際分野の博士号取得者、
・一時代が過ぎたあとのコンサルティングファーム出身者、
こういった「基礎の足りない過去をピンで留めているだけの層」も、知識回収で代替できてしまう。