間違いがあったとき、言い過ぎたことがあったとき、問題が生じたとき、その場で直ちに軌道修正できないのでは、反省したことにはならない。

この「瞬間軌道修正」には、こんな効用がある。
・対人関係を円満にできる
・時間が経って、ないがしろにしてしまうことがない
・物事に余裕を持って臨むきっかけをつかめる

すぐ反省して瞬間的に軌道修正することのコツは、
スピードが速すぎて怒りや自責の念を抱く間すらないほど、さっさと折れるか断るかを選るなり、別な選択肢を取るなり、可能であればその場を面白おかしくするなりしてしまうこと
である。

「嫌だなぁ…」という物事は、ひとまず真っ先に断ってみればいい。
「ちょっと言い過ぎたかな」と思ったことは、すぐフォローして二度と同じことをしなければいい。
「つまらないなぁ…」と思ったら、ジョークを飛ばしてもいいし、即座にその場の大多数と別行動を取ってもいい。

そして、あまりにも速く(ときに面白おかしく!)軌道修正するため、
「反省したフリ」や「皮肉を言う/言われる」という薄汚く粘着質な細工をシャットアウトできるのもプラスだ。

本当にしつこく執着しなくてはいけないことなんて、実のところほとんどない。


自分が自由かつ精神的に豊かに過ごせて、快食快便であれば、何も言うことはないよね。