物事を言語化し、他者に的確に伝えられるならば、その人は十分に有能だ。 この能力の有無は、様々な分野の知識の多寡で決まる。 前工程として、知識を蓄え表現するツールであるボキャブラリーが欠かせない。 ボキャブラリーを操れるということは ...

いま目の前にある現実に対してリセットボタンを押し、生存可能な別ルートを作ることが、逃げることの究極の効用だ。 自分ではどうしようもない状況に直面したとき、無駄な戦いを積まずに逃げることは、兵法三十六計の走為上にあるような基本的な動き方である。 ...

「専門分野以外はわかりません」と暗に宣言することが、専門性である。 これは免責事項とも言っていいし、知的好奇心に制限がかかる可能性だとも言える。 博士号や医師免 ...

↑このページのトップヘ