物事は好き嫌いで決めていい。 私の書いたものが好きなら、過去に遡って何度も読んで他の人に広めてくれればいい。 嫌いなら、一切言及せずもっと面白いものを探すといい。 苦手意識がある分野は、「好きになれそうなルート」を思いっきり探ってみれば ...

どんな人でも、ミスを起こさないということはない。 「自分ならありえない!」という低確率のミスが自分に生じた場合は、むしろあっけらかんとするほどサッサと自分から折れ、ミスを愛でてやるといい。 これを心がければ、 ・他人と自分のミスを許せる ・立ち ...

かつては自分の趣味や好きな特定の分野を自力で(場合によっては病的な執着心で)切り開く層が「オタク」だった。 今となっては、特定の分野の既成の商品やサービスを受動的に消費するだけの側でしかない。 ネットの出現で情報が行き渡りやすくなった分、マーケ ...

↑このページのトップヘ