混じりっけがなく無邪気であることが全てだ。 混じりっけがないからこそ、純粋に考えた分だけ考えが深まり、鍛えた分だけチカラがつく。 一般に、幼少期ほどグイグイ成長できることの理由はここにある。 純粋さがあれば、年齢に関係なく成長できることも同じ理 ...

何かにハッと気づいて方向転換できるうちは、 愚かさから学んで強くしなやかで自由に動くことができる。 そうではなく、上位互換となる事例や事実を無視し、 優しさや自由をないがしろにして、同じようなことばかりを ただ連呼して煽っている層は、愚かさから学べない ...

老若男女問わず、喧嘩など時間と感情の最もムダな争いでしかない。つい喧嘩を仕掛けたくなるほどイラッとする対象は、わざわざあなたが喧嘩を仕掛けるほどのレベルの相手ではない。イラッとしたら、現在の延長線で物事を考えることをやめ、自分のレベルを倍々ゲームで上げて ...

しつこいゴリ押しの裏には、そもそも自信のなさが隠れている。邪魔なセールスも、うるさいだけの広告も、炎上マーケティングも、マルチ商法も、「目立たなければ何も始まらない」という恐怖心が根底にある。目立たなければ何も始まらないという発想は、実のところ、何もしな ...

普段から、空想に堂々と浸るくらいの余裕や知識があるといい。 自分だけにしかアウトプットできないような、 「それはお前の勘違いだ!」と罵られるような荒唐無稽さが鍵だ。 拾い上げた知識を有機的に結びつけつつ、 あたかもイタズラの如く実行・発言す ...

「新しいから良い」 「古いから良い」 とか、 「一見してわかりやすいから良い」 「理解するのに知識のハードル超えが必要だから良い」 とか、 良いという概念にも対極的なものが数多くある。 ...

現状では何も出来ないと感じたときは、 「ミニマリスト」になったと思い込んで、 物事を極限まで小さく回してみるだけでいい。 いま現在で回せる資金や資材や人材の総量が小さくとも、 そんなことはお構いなしに、徹底して自分の納得の行くまで、 ひたすら知識を調達すること ...

・複雑だと感じた場合は、一旦わざとシンプルに捉え直し、肌感覚を大切にする ・シンプルすぎて偏見や捏造や不安感を感じた場合は、矮小化と判断し、異分野から仕組みを持ち込んで解釈を重ねる 何でもかんでもシンプル化することばかりに目が行くけれど、 矮小 ...

誰かのおつかいを嫌々やらされる組織では、猿芝居が流行っている。 猿芝居に長けた層は、陰口やヒソヒソ話で口からエネルギーと体力を浪費する特徴がある。 もちろん本人達は、これを猿芝居だとは思っていないし、 それどころか全く正しいと ...

「科学者が言っているから科学的に正しい。それ以外は不快」 「政権批判ばかりで足を引っ張ろうとしていて不快」 批判に対する不快は、知識が足りない人の脊髄反射だ。 光の当て方が一面的な人が陥りがちな発言である。 こういった層は、知識も ...

↑このページのトップヘ