群れることは、自分の自由を多数にプールすることにほかならない。 社会全体では少数派である層であっても、群れ出すと、発言や行動が多数派のようにテンプレート化してくる。 群れて多数派になれば、ひとまず安心感が得られ、自分が悪目立ちする必要がなくな ...

ふてくされてイマイチな「偏屈さん」は、とにかく虚勢を張り続けるので、何がなんでも絶対に自虐を言わない。 周囲からのプレッシャーを通じて自認を強要させられている「自虐さん」は、ついつい自虐に走る。 「自分はこうだ」という自認を各所で積み重ねてい ...

以下から、その人の立ち位置やスペックは、逆算できてしまう。・最終学歴(大学の学士課程のレベル、大学院での専攻分野) ・高校生から大学生くらいまでの知的好奇心のレベル・普段(あるいは今まで)触れてきている情報や本 この手法は、おそらくある種の社会学だ。平生が準 ...

まず何らかの自分の行動や発言がある。 それに影響を受けたり学習したりする他者がいる。 影響の先にフィードバックがある。 「原因と結果」は、大なり小なりこのサイクルである。 それが偶然であるか必然であるか、納得できるか ...

「場の空気に飲まれ、同調圧力に屈してしまいます。どうすればいいですか?」 そんな人は、場の空気を支配する物事や中心人物に対する情報を以下のように設定おこう。 ・「嘘つきで信用に値せず」 ・「中途半端なので聞く価値なし」 ・「自分にとっての利益なし」 ...

「これ、おかしいぞ。どう考えても自分にとって感じが悪い。」 少しでもそう感じる分野や組織では、何が何でも成功しないほうがいい。 心にそんなわだかまりを抱えた環境での成功は、どこかで嘘を吐き続けなくてはいけなくなるからだ。 ...

ネット上で、「名無し」の人を異常に怖がる(毛嫌いする)ネット限定の有名人がいる。 これは、名無しが自コミュニティの価値を毀損させるリスク要素だからだ。 そもそもそういうビジネスモデルだから、と言い切っても良いけどもね。 こういった「名有りの人 ...

トップと平均とビリの話をしよう。 トップ層は、好きな時間に好きなことをして、自分の世界の常識で生きている。トップ層から平均の間は、優等生という常識に喜怒哀楽を持ちながら隷属している。平均は、我慢しながら疑いもせず常識に従っていて、行動できない。平均とビ ...

知恵と行動はセットで重要視されるが、実は重要なのは知恵だけである。 まず知恵の源として、洞察や知識のサーベイや、生きる上での苦悩がある。 これを歪めたり実質的に無視したりして行動したところで、実際には何も行動していないのと同じだ。 ...

「時間の無駄だ!」と感じることからは、さっさと毛嫌いして見下して撤退していい。 特にあなたが、全体像を即断即決で根拠を以って把握できる能力があるなら、黙々と撤退に動くべきだ。 また、いろいろ挑戦して失敗も成功も経験し向上心を持っている人が、生 ...

↑このページのトップヘ