タイトルはイェーリングの著書のままだ。

そもそも、自由を獲得するための行動について、
今のところ日本では「尊いものだ」という発想がないことが問題なんじゃないかなあ。


古臭いブラックな組織の話も、
目下の政治の話も、
MeTooの話も、
自己責任ばかり先行することも、
結局は食い物にされている人がいることが一番の軸だよ。

「これ、実はどれも共通していることなんだよ」という視点が持てていないことや、
自由を得て保持することの尊さが全く話題にされていない。

アンチブラック企業ネタに食らいついても、
ウェブ上で政治的には真逆の立場のネタに食らいついてしまうする。

これってね、
「権利を主張する前に義務を果たせ」
「自由はわがままだから自由なんていらない」
という、古臭い自己批判のような同調圧力で終わってしまうこととまるっきり同じだよ。


解決策。
「権利のための“闘争”」という言葉に昭和臭さや汗臭さを感じてしまうなら、
単に「権利のための“自由の確保”」とでも言い換えてしまっていいよ。

ウェブで誰でも発信出来るようになった今でさえ、
未だに「保守と革新」や「右翼と左翼」から脱しきれず、
“闘争”ですらない“ケンカ”に矮小化されてしまうのは残念極まりない。


せめて最低でも自由の尊重が前提に来ないと、
現代的な議論が始まらないんだよね。