子供の成長を願わない親はいない。

一方、子供を持ったことがあるにもかかわらず、成長すなわち「経済成長」である場合、これを頑なに否定する人がいる。

「弱きを助けて強きをくじく」という層(特に、自分が弱者だったノンフィクション作家やクリエイター)が、ついつい陥りがちな発想だ。


こういった人々の発想は、文化財や景観の保存という視点からは、実のところ保守策として一理ある。

自然や伝統を破壊し、特定の利益集団ばかりを利する公共投資への反対運動に対し、命がけで身を投じたからこその発想ということだ。

公共政策が、公正と言い切れない判断を下し、民意の見出せない政策主導の(不要な)投資が目立つ状況では、「成長とはおおよそ不公正な成長」というバイアスがかかるのも無理もない。


一方で、このような層の方々に足りていないポイントは「社会とビジネスの適切な関係の理解」である。

基礎知識の欠落で、「投資策や持続可能な経済成長を通じ、既存の不経済を緩和していく」という発想を持てていないのだ。

これはすなわち「適切な成長を通じて、守るべきものは守り、改めるべきものは改める」という率直な発想こそ、子供にとっても事業にとっても必須だということに、気づけていない。

子育てに対する知識はつける一方、会社法も知らないし、リスク管理や法廷監査も知らないまま話をしているに過ぎない、残念な状況であると言える。

具体的な知識の精査でつっつかれたら、やられる側は「たまったものじゃない!」という点は、「あーモッタイナイ!」のひとことに尽きてしまうのだが。


地域保存に東奔西走したノンフィクション作家さんのグループの子供のひとりが、成長の結果、ミュージシャンとして知名度を上げている。

親の影響で読んでいた新聞を小学生ながら喧伝していた子供が、成長しミュージシャンとして知名度を上げている。

これは自分の半径1メートル以内で、同級生とその親として関わっていた人たちの事例だ。


少しだけバイアスを振り捨て、知識と好奇心の扉を開いてみるだけで、思わぬ方向に成長できるという好例に違いない。