組織とは「特定の虚構を、集団的に信じさせる仕組み」でしかない。

官公庁だろうと、宗教法人だろうと、会社法や医療法に規定された企業や病院だろうと、飲食店やテーマパークだろうと、組織に共通する骨格はいずれも同じだ。


個別の組織について、
・資産や知的水準や人員
・生み出すことができる価値
・提供するモノやサービス
・組織の文化とルール
・品質や社会的信用
といった、組織を特徴付けるコンテンツや要素を取り去ってみよう。

組織に残るものは「命令・ミッションによるストーリー」と「感情」だけである。

このとき、組織に関わる人々が見定めるべきは、
「命令・ミッションによるストーリーに日々喜んで従えるか否か」
だけである。

これは、映画や小説や音楽の趣味と全く同じだ。

いずれも同じ虚構であるため、組織もひっくるめてそう言い切るくらいでちょうどいい。



がらんどうにしたとき、
「この組織は命令・ミッションがいい加減でおかしい。自分は不快だ」
「この組織の命令・ミッションはある程度は賛同できる。まあまあ快適だ」
「この組織の命令・ミッションにフルに賛同できる。快適なことこの上ない」
と様々な感想が出るだろう。

これらは、虚構への感想として、いずれも正しい。

ここで、最初に提起した
「特定の虚構を、集団的に信じさせる仕組み」
という組織の本質が論点となる。



組織へのフィットは、
「多数ある虚構のうち一つに、あなたの価値観が偶然フィットしたか否か」
という話でしかない。

誰かが作った虚構の鑑賞として、自分にとっての感想と、他人にとっての感想は、いくらでも違っていい。

組織に対して、人間側がへり下る必要など皆無だ。



だいいち、あなたの感性や価値観にフィットした虚構しか、あなたは楽しめない。

これはスキルや学歴の話ではなく、肌感覚や鑑賞者の視点だ。

組織も、このように作品として鑑賞され、人間が堂々と感想を出せるほうが、かえって長続きするのである。



この発想で明確に言えることは、
「組織に属する上で、あなたは特定の組織がもたらす場面について、人質や奴隷のような発想を抱く必要などゼロだ」
ということだ。

あくまで、合理的で楽しい意思決定を経て、自由を行使する側に(学び続けて)立ち続ければいいのである。

そう動いていれば、不快なヘナチョコ組織はさっさと消えていくんだよね。