矛盾があるとき、そこには価値が隠れている。「これ、おかしいよね?」「この場合あるべき姿って、実はこれだよね?」このような発想から発言・行動することで、矛盾の解消により、価値が掘り起こされる。例えば、矛盾した物事や状況を生々しく的確に言語化・作品化・仕組み ...

「素人目線で判断するほうが、時に率直で本質的である」という視点がある。 「敢えて、ものを知らない人が判断したほうが良いことがある」といった類の視点がこれだ。 バイアスのかからない視点は確かに重要であるが、「知識を仕入れて(かつ知識の限界を踏まえ ...

子供の成長を願わない親はいない。 一方、子供を持ったことがあるにもかかわらず、成長すなわち「経済成長」である場合、これを頑なに否定する人がいる。 「弱きを助けて強きをくじく」という層(特に、自分が弱者だったノンフィクション作家や ...

正論をもっとふりかざそう。 そのためには、こうやって実践しながら準備しよう。 1. 適切かつ高水準の知識(人文科学・自然科学・社会科学)を、トラッキングできる文献から身につけ、的確かつ公正な計画と判断と決断ができる ...

物事を面倒だと思ったとき、それは以下のいずれかに当てはまる。 ・そもそもわざわざ自分がやらなくてもいい、不要な物事 ・メリットが出る、自分の参加や労力が必要な物事 前者だと明らかな場合、さっさとパスするか、アウトソースして(モノやサービスに頼って)し ...

・初任給19万円/月 (大卒と大学院卒向け。別途賞与・残業手当あり。残業なし。残業がかさんだ場合は積み立てて有給休暇にできる) ・初任給35万円/月 (大卒と大学院卒向け。別途賞与・残業手当あり。毎日激務。福利厚生と従業員教育が凄く良い) ...

「アンチテーゼ」という言葉の通り、対立する概念があるからアンチが成り立つ。 適切に知識と行動を仕入れた上で自画自賛し、さらに他者をも肯定してあげることが、より良い環境を得ることにつながる。 それでも気に入らないところがあれば、肯定できる箇所を ...

「引用元の明示なしに論文を書いたらダメですよ」という、全ての学問に共通するルールがある。 これに反する行為を「剽窃(ひょうせつ)」という。  (敢えてわかりやすく「パクツイや無断転載まとめサイトと同じ問題」と言っても良いだろう。) ...

物事を言語化し、他者に的確に伝えられるならば、その人は十分に有能だ。 この能力の有無は、様々な分野の知識の多寡で決まる。 前工程として、知識を蓄え表現するツールであるボキャブラリーが欠かせない。 ボキャブラリーを操れるということは ...

いま目の前にある現実に対してリセットボタンを押し、生存可能な別ルートを作ることが、逃げることの究極の効用だ。 自分ではどうしようもない状況に直面したとき、無駄な戦いを積まずに逃げることは、兵法三十六計の走為上にあるような基本的な動き方である。 ...

↑このページのトップヘ