物事を言語化し、他者に的確に伝えられるならば、その人は十分に有能だ。

この能力の有無は、様々な分野の知識の多寡で決まる。

前工程として、知識を蓄え表現するツールであるボキャブラリーが欠かせない。


ボキャブラリーを操れるということは、言語を通じて物事を操作できるということだ。

単にボキャブラリーが多いだけでは「ただの受け売りでしょ?」と喝破できてしまう点にも注意したい。

ボキャブラリーを(つまりは言語を)使って、仕組みや概念やアイディアを出し、実行することが知性である。ボキャブラリーが貧困である状態では、知性はどうあがいても追いつかない。


外国人が喋る日本語を怪しく思ったり、日本人の扱う英語が幼稚に聞こえる場合がある。

これは、実際の知性はさておき、ボキャブラリーが知性を反映してくれないから生じるんだよね。