「態度のデカさ」は、小心者であることや知性的でないことと比例する。

自分の内面を誤魔化す常套手段ということだ。

ある程度以上の品のよさを持つことが当然の環境で育ってきた人には、
「ああ、この人は誤魔化しているんだな」
というのが手に取るようにバレバレである。

残念な文脈での「態度のデカさ」とは、
クチャラーだとか、「俺」だとか、
本当にちょっとしたところに出てしまう。

ある程度の社会的地位やお金の余裕があると、一見区別しづらいことがあるが、実はシンプルだ。



まず、ただの1回を以って直ちに「その人が残念な人だ」と決めつけるのは早計だと知っておこう。

どんな人でも、精神的に疲弊していたら、ビヘイビアが必ず悪くなることは覚えておきたい。

恒常的に言えば、社会的地位の低さや、自分の欲求を満たせない状況に追い込まれると、精神的な疲弊は避けられない。

疲弊は可能な限り回避すべきだが、たまたま嫌なことが重なって、瞬間風速にどうしようもないことはある。

これは誰のせいでもない。



話を戻そう。

恒常的に態度がデカい人と、瞬間風速で追い込まれた人の違いは、ゆったりくつろいでいるときの態度で瞬時に見分けがついてしまう。

新幹線のグリーン車で、態度をデカくしたり、周りを無視して不快な音を立てている人がいる。

最初に挙げた「小心者かつ知性的でない、見分けづらい層」とはこの層だ。



基本的に、こういう層はまともに関わる意味はない。本質は、弱さと向き合わないただの嘘つきだからである。

向き合うべき物事と向き合わず、姑息な真似を繰り返していると、態度のデカさという大嘘で勝とうとする弱者になってしまう。

目の前にいる人の態度が気にかかったら、このような視点を持ってみると、こちらの取るべき危険回避策が見えてくるよね。