「官僚主義はダメ、ゼッタイ。悪質な社内政治だとか本当ダメったらダメ。」

JPモルガン・チェースのCEO曰く、
官僚主義は「病気」で、「優れた人材を追い出し、意思決定を遅らせ、イノベーションを阻害し、しばしば悪質な社内政治の温床となる」…
またトップは常に、組織における官僚主義化の進行と積極的に戦わなければならない…
として、官僚主義の壊し方を提示した。


上に張ったソースによると、以下の5点が官僚主義を打破するためのポイントだそうな。
1. 社内会議を制限する
2. 緊急性の高い問題に集中して取り組む「作戦室」を設ける
3. 社内の手続きを常に見直す
4. 自己批判精神を保つ
5. 自主性を重要視する
ここまではわかるのだけれども、
組織が組織である以上、官僚主義って本当になくせるの?
(そもそも金融機関にそれが可能なの?)
という疑問が沸いて出るので、いろいろ考えてみました。



そもそも、マックス・ウェーバーが言っているように、
人格ではなく能率に焦点を合わせるために官僚制のロジックが敷かれたわけですが、
既に官僚制のロジックに最適化している人やビジネスモデルを全部切らないで何が出来るのかな?
と思ってしまうわけです。


慣行でやっているだけっぽい無駄なことを、どこまで金融機関が引っ剥がせるのかなあ、と。

金融機関が関わる法規制含め、組織や規定を徹底的に簡素化して、
官僚主義が入り込む余地を残さないくらいにしないと、
官僚主義がまた出始めるリスクなんていくらでも残っちゃいます。
(法規制や内部統制については、ほぼ無理かもしれませんけども。)

また、
「複雑で大規模で面倒なクロスボーダーM&Aのようなスキームって、規制すべき事項や、
利害関係が大きすぎて、物理的に官僚主義の影響を消せないんじゃないの?」
という懸念も。


例えばそもそも、
「官僚主義をなくすなら、職位とかレポートラインも廃止したら?」
「職務の要件定義さえフィットすれば、スキルだけでさっさと採用したら?」
「フルタイム勤務って考え方も、場合によってはいらないんじゃない?在宅で良くね?」
「ぶっちゃけて人がやらなくてもいいんじゃね?ディーリング部門をエンジニアに置き換えたし。」
という具合に、もっと極論をぶつけられる余地があるんじゃないかなあと思います。

もともと相応に複雑で金額が相当大きく、
慣行と法規制とデータとシステムと利害関係だらけの物事を扱っているので、
データドリブンにどこまで挑戦できるのかなあと思ってしまうわけです。

ここまで行き着いてしまうと、
エンジェル投資家のように、もっと自由に動くことを前提にできないの?」
という問題提起まで出来ちゃうかもしれません。




「官僚主義=ビョーキ」が真であるとすれば、
ブロックチェーンがブロックバスターを作ってしまうこともありうるし、
金融機関がテックドリブンの外圧で変わってしまう可能性もあるでしょうね。
トレーダーが減った事案よりもっと極端なケースもあるかもしれませんね。)





また、金融機関以外のケースも触れてみましょう。

以下は「残念だなぁ」と感じたファウンダーの人が作った組織を、
複数眺めてみて述べたことです。
これを「脳筋トップダウンの官僚主義っぽいセンス」とでも言い換えてもいいと思います。
トップダウンって究極のポリティクスで逆機能なわけですね、失敗ケースは。

組織が逆機能する本質とは、
あれ?個人のレベルがやたら下がってる??
あれ?既存のものに固執してる?
ということの積み重ねに過ぎません。

現状について、徹底的に懐疑心を持つ自由がない時点で、
トップだろうとそれ以外だろうと、
小規模だろうと大規模だろうと、どれも大差なく官僚主義だと言えます。



そもそも「複雑なものをシンプルにしていこうね」という発想がマネジメントなのだけれども。
マネジメントは、複雑さに対処することだ。リーダーシップは、シンプルさを創ることだ。
これに同感できます。

なので、その逆を作文して遊んでみました。
官僚主義は、複雑さを創ることだ。組織内政治は、屈曲と虚栄を創ることだ。

自由って、
面白おかしい揶揄すら堂々とできて、根本的に物事を変えていける
ということでしょう?



失敗から回復することを喚起しない(ダメならすぐ切ってすぐオシマイ)という、
焼畑農業のようなことを散々やってきていることが知られちゃってる金融機関が、
どこまで前例踏襲だらけの官僚主義を脱することが出来るのかな?ということですね。

官公庁や大学といった金融機関以外の組織や、資格保持者の世界は当然ながら、
失敗から学ぶことをよしとするプログラミングの世界でさえヒエラルキーがあるわけで。


……と、官僚主義に一度陥ったら、
既存の組織やトップや職能では最初から最後まで何にも対処することができないだろうなあ」
という視点が結論です。

個人で動いて組織からバイバイする、トップと周囲を組織からバイバイさせる、
あるいはテクノロジーで上書き消去してしまう。
この3つしか解決策がないんじゃないかな。