「法則性」の扱い方

法則性とは、思考で作れる模型だ。

たくさん作ってみるといい。
法則性を作るのに失敗してもいい。
読んで書いて行動してみるといい。
無理に会話で出さなくてもいい。
間違えたら作り直せばいい。

法則性を作る回数を増やして、思考する上でのインプットとアウトプットの試行回数の桁を、グイグイ上げるだけでいいのである。

楽しかろうとつらかろうと、どちらでもなかろうと、孤独を楽しんで思考を具現化するには、法則性を扱うだけで十分である。周りがグイグイと圧力をかけてくるようなピンチの場面こそ、大チャンスだ。

テーマを決めて法則性を見い出し、先に進むための思考(試行)に没頭するだけでいい。早々に、周囲の圧力やヘナチョコぶりなんて、この自発的な流れでさっさと上書き出来ると気づける。他愛ないものだと気づく。

周りが場当たり的にノロノロ動いているように見えるほど、自由かつスピーディーに法則性を組み上げるくらいで、ちょうどいいんだよね。